衆議院議員(奈良県第3選挙区) 田野瀬太道 オフィシャルホームページ

自民党

活動報告

国政報告

2020年5月30日

5/29フェイスブックUP

皆様こんにちは。東京は素晴らしい晴天に恵まれた金曜日となりました。
先ほど、新型コロナ対策の最前線でご尽力いただいている医療従事者の皆様に対する敬意と感謝を表すため航空自衛隊ブルーインパルスが飛行を行いました。
カッコ良かったです。気合を注入していただきました!国難突破に向けしっかり頑張って参ります!
さて今週の国会も盛り沢山でありました。社会福祉法や電気事業法や金融商品販売法や
森林組合法など14本の法律を衆院可決させることが出来ました。
来週からの国会は新型コロナ対策のための事業規模で100兆円を超える第二次補正予算を審議する重要な国会となります。慎重審議の国会運営とすべく頑張って参りたいと思います!
それでは皆様手洗いうがいと充分な睡眠時間確保で、穏やかな週末をお過ごしください♪

2020年5月30日

5/23フェイスブックUP

皆様おはようございます。東京は小雨が続き梅雨の訪れを感じさせる今日この頃であります。
自粛生活のおかげで宿舎の掃除や衣替えなど、普段あまりやらない事がものすごく捗ります。慣れって凄いですね。
さて、先日慶應義塾大学の中室教授を講師に迎えて、地元の市町村長さんと佐藤参議院議員とともにウェブ会議をさせていただきました。最近議論されている9月入学や学校休校における子供達の学びの保障について意見交換させていただきました。皆様それぞれご多忙のところ本当に有難うございました!段取りしてくれた佐藤君ありがとう!
来週からの国会は会期末まで1ヶ月を切り、残りの法案を審議するため連日各委員会が開催される慌ただしい国会となります。また25日(月)には非常事態宣言地域の変更に大きな動きも予想されます。
2次3次のコロナ感染拡大の最小化にも目を光らせつつ、立法府がやるべき仕事をしっかり前進させて参りたいと思います。
皆様手洗いうがいと免疫力向上で良い週末をお過ごしください♪

2020年5月23日

5/18フェイスブックUP

皆様こんばんは。非常事態宣言地域が変更されてはじめての週末でしたね。
報道ベースですが各地で人の出足が増加傾向とのニュースを聞き緊張感を高めているところであります。コロナ拡大防止と経済再生という相反する命題を同時に追いかける難しさを噛みしめながら、立法府が果たすべき役割を全うするため今週も頑張って参りたいと思います。
1月に召集されたこれまでの国会を振り返ると、令和2年度の当初予算を成立させるべく2月中に衆議院を通過させ、3月中に参議院を通過させ年度内に予算成立が出来たこと。
そしてコロナ対策を盛り込んだ補正予算を4月中に成立させることが出来たこと。
現在はさらなる第2次補正予算の国会審議を想定しながら6月半ばの国会会期を睨みつつ限られた日程をいかに充実させるかということ。
私個人の意見ですが、この様な思いで日々仕事にあたらせていただいております。
この間予算関連法案だけでなく実はその他にも重要な法案を40本前後成立させることが出来ているということも過去の私の投稿からもご理解いただけるかと思います。
さて本題ですが、おそらく今週の国会運営でマスコミをはじめ一番の注目点になるであろう国家公務員定年延長の法案と検察庁法改正案について。
この法案の中身の是非について私の意見は後ほど言及させていただくとして、最近のこの法案についての報道やSNSの反応を見るにつけ、少し過去のことを振り返らせていただきたいと思います。
平成25年の特定秘密保護法案と平成27年の平和安全法制の時のことです。当時も大変な世論の反応の中での国会運営でしたが、1番困ったのは事実ではない情報を拠り所に法案成立反対に憤った方々への対応であったと思います。
簡潔に申し上げますが、当時特定秘密保護法案に反対した方々の1番の心配事は、知らずに特定秘密に接してしまった国民がこの法案により逮捕されてしまうということではなかったでしょうか。
有名映画監督や著名人も法案に反対しておりましたが、この法案の主旨は特定秘密を漏らした「公務員」を罰する法律であり、民間の方々を逮捕したり罰するものではなかったということ。
平和安全法制が成立すれば日本は地球の裏側まで自衛隊を派遣し他国に戦争をどんどん仕掛ける国になるんだという理由で法案成立反対のために多くのデモで国会が囲まれましたが、他国に戦争を仕掛けるためにこの法律を作ったわけではないということ。
恣意的かどうかは別として、本質に対し完全に真逆のレッテルを貼り宣伝する人がいて、私から見たら多くの国民がそれに踊らされてしまう悲しい現象を思い出します。
今週に剣が峰を迎える法案について、私の事務所に寄せられている多くの意見は大きく3つに集約されます。
「どうして今この法案なんですか。コロナに集中して下さい!」
このご意見に対しては、「もちろんコロナ対策もやっています。かなりのエネルギーを費やしています。でもそれ以外にも大事な法案があるのでそれも同時にやっています。この法案は数年前から議論を深めていたもので、満を辞してこの国会に提出された法案なんです」と言いたい。
「安倍政権に近いとされる黒川さんのためにこの法律でねじ曲げようとしている!」
「法案を読んでいただいたらわかる様に、2024年に効力を発する今回の法案に黒川さんは全く関係がない」と言いたい。
「政権は三権分立をねじ曲げようとしている!」
「検察人事は昭和22年から内閣の元にあり、今回の法改正ではじめて内閣に人事権が付与されて内閣の権限が強化され三権分立のバランスが壊されてしまうというのは全くの嘘です」と言いたい。
これだけ情報が溢れる今日、しかもコロナで混乱している昨今、上記の私の意見だけでなく出来るだけ多くの情報に接して、正誤を中心に中身を今回の法案の吟味していただくことを願っております。
それでは今週もひたすら頑張って参ります!皆様も手洗いうがいを忘れず張り切って参りましょう♪